恥をかかないために、葬儀の参列マナーに気をつけよう

ご高齢の方であったり、ある程度葬儀に参列することを想定しているなら準備も整いますが、もし急なご不幸でお通夜や葬儀に出なければならなくなった場合何も用意していなかったら焦るばかりです。

いざ、葬儀の場で恥をかかないように、参列マナーを学び準備しておきましょう。

■服装は最も大事

一人前の社会人であれば、「喪服」は必ず用意しておきましょう。

男性の場合、黒いスーツであれば何でもいいのでは?と思うかもしれませんが、大間違いです。

実は喪服用の「ブラックスーツ」と、ビジネスで着られる黒いスーツは色が全く異なり並べると一目瞭然です。

もちろん、ネクタイと靴下もブラックで統一し、シャツは白の無地で柄物はNGです。

女性の場合は喪服として売られている黒のアンサンブルやワンピース、スーツを選びましょう。

インナーもストッキングももちろん黒です。

露出の多い服装はNGのため、スカート丈も長めのものを選ぶようにします。

学生や子供の場合は、制服が喪服となります。

あまりにも華美なデザインの制服であれば、喪服に準ずる服装を別途用意するのも手です。

■香典のマナー

まずは受付でご遺族にお悔やみの言葉述べた後に香典を渡しますが、渡し方にもマナーがあります。

香典袋は必ず「袱紗(ふくさ)」という封筒のようなものに包む必要があります。

袱紗は紺や紫など、濃いめの暗い色を用意しましょう。

お悔やみの言葉を簡潔に述べ、一例してから香典袋をご遺族に手渡します。

表書きがご遺族の方に向くように渡すのがマナーです。